40代だからこそ許される1ランク上のオシャレ


40代と言えば、職場においては会社を引っ張って行く要となる存在であり、プライベートにおいては一家を支える大黒柱として欠かせない存在と言えるでしょう。若さを全面にアピールできた20代、経験を積み上げスキルを高めた30代、この期間を経てこそ醸し出される大人の魅力は、40代から発揮されるのでは無いでしょうか。今回はそんな40代だからこそ許される1ランク上のオシャレについて述べたいと思います。

男性が思い描く理想のファッションの中には、頭から爪先までブランド品で統一すると言ったものもあるでしょう。特に、若い頃はブランド品を所持することで、自らのステータスを高めることに魅力を感じる人も多いようです。その傾向が強い人の中には、30代以降もブランド品を買い続ける人も居ます。

しかし、昨今のブランド品が持つイメージやステータスは一昔前とは違い、中には随分と様変わりしてしまったブランドもあります。高級ブランドの中には、女子高生が持ち歩くようなアイテムになってしまったブランドも見受けられます。また、これらのブランドを取り扱う企業も、顧客層の変動に対応して年齢層のターゲットを変化させている点についても、ファッションに敏感な方は感じ取っておられることでしょう。

ではどのように自分らしさを保ちつつ、1ランク上のオシャレを演出すれば良いのでしょうか。上記のようなトータルコーディネートに越したことは無いと言えますが、決してブランド品で統一する必要性はありません。自分の好みを知ることは大切ですが、もっと大切なことは「自分自身を知ること」と言えるでしょう。

例えば着たいデザインの服があったとしても、サイズが合わなかったり、好みの色やデザインが無かったりしたら、あなたはどうしますか。自分の体型を変化させて着ることができるなら、シェイプアップでスマートな体型を維持することもできます。好きな服を着るために、自分の体型を維持することに生き甲斐を感じるかも知れません。ですが、高身長であったり、手足の長さが既製品よりも長かったり短かったりする場合、どんなブランド品であっても既製品では対応できないケースが発生します。

そんなあなたに味方をしてくれるのが「オーダーメイド」です。スーツにせよカッターシャツにせよ、オーダーメイドならお気に入りの1着があなたのために作られるのです。生地の種類、デザイン、カラー、襟首の形、カフスやボタンの種類に至るまで、自分の好みをチョイスできます。これこそあなたのためにあつらえた「世界に1着」と言えるでしょう。

オーダーメイドの服を着ている20代や30代は少ないでしょうが、その少ない年齢層が使用していると「オシャレだな。」と取られることよりも、「若いのに生意気だな。」と思われる比率が高いのでは無いでしょうか。自分よりも若い部下がオーダーメイド品を持ち、上司であるあなたが既製品を着用している場面を想像して下さい。

しかし、40代のあなたがオーダーメイドの服を着ていればどうでしょう。きっと「オシャレな上司。」として部下や周囲から羨望の眼差しで見られることは言うまでもありません。あなたの魅力をグッと引き立ててくれる「世界で1着」のオーダーメイドで、是非あなたの魅力を1ランクアップさせてみてはいかがでしょうか。