中間の世代にある40代のメンズファッションについて

40代は中年世代ですが、若くもなくそれほど年寄りでもない中間の世代です。
そのため、服装選びも難しいのかもしれません。
職場では中間管理職の世代で、家ではお父さんの人が多い世代です。

渋い中にもすこし若さもあって爽やかで洗練された服装が、私の考えるメンズファッションです。
一昔前のように、ギラギラしたオヤジスタイルではなく、どちらかというとあっさりした大人の男性という感じが好みですね。

男性はファッションに興味のある人とない人の差が大きいと思います。
特に40代の男性はそれが大きくあらわれていると思います。

普段ビジネススーツの身につけている男性は、やはりおしゃれに気を使わざるをえません。
しかし、作業着や制服で仕事をしている男性は、普段着でおしゃれをする程度です。
普段着もジャージばっかりだったり、ジーパンにTシャツのスタイルばかりの人も少なくないと思います。

時々、職場で無精ひげを生やしている中年の男性を見かけることがあります。
それもおしゃれとしてやっているのか、単なる無精なのかは、服装を見るとわかります。

よれよれの作業着を着て、無精ひげを生やしていると、見た目も良くないです。
いくら汚い仕事で忙しくて疲れているといっても、もう少し身なりをきちんとしてほしいと思うような人もいます。

ひげは難しいところがあって、服装がきちっと決まっていると、ひげもおしゃれに見えてきます。
他にも、お腹がでていなくて、ぴったりとスーツが似合っていて、決まっている人は、ひげもおしゃれに見えます。

40代になってくると、お腹もでて太っていて、頭がはげている人もたくさんいます。
しかし、その人に似合った服装をすることによって、印象もかなり違ってきます。

40代のメンズファッションは、ファッション誌に載っているようなデザインでなくても私は良いと思っています。
自分の体形に合っていて、その人に似合う服装なら、その男性の個性が上手く表現されるので、素敵なメンズファッションになると思います。